お問い合わせはこちら

電話番号:03-6456-0750

携帯用ページ

携帯電話やスマートフォンなどMobile機端末からのアクセスは、モバイル用画面をおすすめします。

地図

西葛西オアシス整骨院の外観
道路から2階を見上げると、大きな看板があります。

アクセス

東京メトロ東西線

西葛西駅 南口から徒歩1分

 

所在地

〒134-0088

東京都江戸川区西葛西
6-13-14      丸清ビル2F

診療受付時間

平日

9時~13時、15時~20時半

(往診・随時)

土曜日、日曜日

9時~17時

祝日

休診日

当院掲載ページ


ジオターゲティング

主な疾患

腰痛

 日本は腰痛大国で、日本人の8割以上が生涯において腰痛を経験しています。しかし大きな病院などでは、腰痛を訴えているにもかかわらず、画像診断に異常が見られない場合は疾患として認めらず健常者という扱いをされてしまっているようです。

腰痛にもいくつか種類がありますので、そのなかで多いものを簡単にご説明します。

骨格要因の腰痛

俗にいう「骨盤のゆがみ」ですとか姿勢が悪いなどの理由で起こってくる腰痛です。上の画像にもあるとおり、骨盤は3つの骨から構成されており、この関節部分で痛みが起こることが多くあります。

 

このような場合は骨盤矯正ですとか、骨を動かしていくようなカイロプラクティック的な治療が効果的です。  

緊張性腰痛(筋肉を原因とした、筋筋膜性腰痛)

これは筋肉などに強いストレスが掛かることで、筋肉が緊張して引き起こされる腰痛です。過度なストレスを強いられると、交感神経(興奮するときに働く神経)は常に活発化し筋肉が常に収縮した状態になってしまいます。余計な他の筋肉などにも力が入ると崩れたバランスを調節しようと腰の筋肉に負担がさらに大きくなり、腰痛が発生します。これが緊張性腰痛です。

 

緊張性腰痛の原因が筋肉ですので、やはり、筋肉の緊張を緩めるような治療を行っていきます。 

これは筋肉などに強いストレスが掛かることで、筋肉が緊張して引き起こされる腰痛です。過度なストレスを強いられると、交感神経(興奮するときに働く神経)は常に活発化し筋肉が常に収縮した状態になってしまいます。余計な他の筋肉などにも力が入ると崩れたバランスを調節しようと腰の筋肉に負担がさらに大きくなり、腰痛が発生します。これが緊張性腰痛です。

 

緊張性腰痛の原因が筋肉ですので、やはり、筋肉の緊張を緩めるような治療を行っていきます。 

慢性型腰痛

3ヶ月以上、腰に継続した鈍い痛みがあるものを慢性型腰痛と定義しています。ストレスなどの心因性要因の関与が大きく、腰の治療とともに、精神面での安定も必要です。 

その他の腰痛

緊急性の高い腰痛もいくつかあります。致死性の高い腹部大動脈瘤&大動脈解離、場合によっては致死性になる腎梗塞、急性膵炎、排尿&排便が困難になることもある、馬尾症候群などが挙げられます。注意を要する腰痛としては、化膿性脊椎炎、結核性脊椎炎、硬膜外膿瘍、椎間板炎などの脊椎感染症や、多発性骨髄腫やがんの骨転移などの悪性腫瘍の骨病変などがあります。

 

 上記のような恐ろしい病気が隠れていることもありますので、単なる腰痛だからと放置するのではなく、腰痛以外の体調の変化も気にしながら医療機関に検査に行くのもいいでしょう。 

このような腰痛で、動きに伴って痛みの出るような場合はテーピングによって動きを制限したり、運動するような時にサポーターをつけたりするのも効果的です。しかし、サポーター等をつけ続けてしまうと、腰にもともとあった筋肉がサポーターに頼って弱くなってしまい、新たな腰痛の原因を作ってしまうことになりますので、ご自身の筋肉をしっかりつけることが最重要だということも覚えておいてください。


概要 | プライバシーポリシー | サイトマップ
当サイト内における各ページの著作権は原則として当社に帰属します。一部他社が保有する著作権を使用許諾を得て使用している場合、使用権フリーとなっているものを使用している場合があります。当サイトのご利用につき、何らかのトラブルや損失・損害等につきましては一切責任を問わないものとします。